スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドオンという旅行用語をご存じ?とってもお得な同一旅程に組み込む方法。

最近日系航空会社に注目しています。
それぞれの特徴を生かすと最高に心地よい日程をつくれるなと感じることが多くなりました。

日本から諸外国までの運行路線の多さを組み合わせ、
到着した都市から移動する都市までをアドオン(追加都市)を利用すれば、
かなり料金の節約とともに、直行便利用で、時間の節約、快適旅程になります。

例えば パリと、ロンドンと、チューリッヒを訪問されたい場合、
成田ー欧州の単純往復料金で、成田ースイスーパリまで同料金で飛べるし
日本国内線の移動が必要であれば、都市にもよりますが、
通常料金の3分の1から4分の1の料金で日本国内も利用できます。

24時間以内は、同一都市までとみなすというルールを利用すれば
国内都市ー成田ーチューリッヒーパリーロンドンー成田ー国内都市
と全部直行便を利用しながら、大変効果的な料金で組み立てることが出来るという訳です。

日程を現地で変更できることが希望であれば、
それぞれの所属アライアンスのパスを利用するか、
あるいは各航空会社の区間料金で変更できるタイプの航空券を選べば
限りなく、ご希望に近いものが作り出せるのではないかと思います。

昨今の航空券販売の変化、予約環境の変化に、
確実に航空会社、旅行会社の形が変わってきているのは確かで
航空会社のサイトでもこういうことが分かるのかもしれませんが
予約クラスをどのクラスにするとか、細かなことは、ルールを読み込む事が必要です。

アメリカ向け、欧州向け、アジア向けと、それぞれ特徴がありますから
特徴を生かして、よりご自身にあった旅程を構築してください。
一番簡単なのは、旅行会社にご希望を言って、丸投げすることですが・・。

と最終的には、旅行会社への宣伝になってしまいました!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。