スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★☆新種の蝶を探しに行こう☆★~いざ南米へ~蝶好きにはたまらない!!

こんにちは!

アマゾンといって真っ先に頭に浮かぶのは通販shopですが、南米のアマゾンも忘れてはいけません。。
アマゾンは自然の宝庫、動物の宝庫です。たくさんの動物、植物、昆虫が生息しています。
 今回はアマゾンの蝶のツアーを作りたい思っています。
なぜって皆様お思いでしょうか???アマゾンには”もっとも輝く蝶”と言っても過言ではない、
「モルフォ蝶」がいるからです。見るだけでも一生脳裏に残ること間違いなし!!その輝きは完璧です。。
採集したいという方、いや写真だけでもという方、そして見るだけという方も
もうすべての蝶好きの方が集まって夜まで語り合うっていうのはどうでしょう・・・(笑)
また、アマゾンはそこに生息している図鑑などもまだ出版されていなく、新種をゲットするチャンスでもあります。
ただ、今から言うことを必ず守ってください!

1.ミイロタテハ(アグリアス)という蝶は採集が禁止されているのでキャッチ&リリースでお願いします。
2.きれいなカエルは絶対にすぐ触らないでください。猛毒です。
3.サソリ、蛇、トカゲ、蜘蛛も触らないでください。
4.足場も悪いところがありますので長靴を持ってきてください。

※以上の様な危険なこともありますので、現地スタッフ指導のもとのご案内となります。

さて、ここからが本題です。果たしてモルフォ蝶を見ることができるのか?・・・答えはYESです。
そして、見るときに必ず必要なものがあります。それは、青い紙です。モルフォ蝶は青い紙にくる習性があります。
ただ、時には青い紙を持ったまま耐久戦になることもありますので、そこは粘り強い精神力で頑張りましょう!
 
 アマゾンに行くからには必ずモルフォ蝶を見て帰りましょう!
 しかし
多少の危険もございますのでガイドの指示を忠実に聞きましょう♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。