スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア海外研修旅行雑感5ー持ち物篇

何回でかけてもパッキング下手な私。
研修だからあれこれ資料を持ち込みたい。でも場面場面のオシャレ心は失いたくない
と、どんどん荷物が増えてしまうのが毎回の例。
今回は靴を1足にした事、両用できるものを選んだ事でそこそこ小さくできたかな。

【暑いところには羽織るものが必須】
暑いところは一般的に 外は暑いですが、移動の車や、室内は寒いくらいギンギンに冷えています。
上に羽織るもの、スカーフなどお持ちになると便利。
シンプルな服におしゃれなスカーフやアクセサリ-があれば、
オシャレに装えるし、防寒になるしオススメです。

【男性は襟付き】
男性ならちょっとしたジャケットがあれば、どんなシーンにも似合います。
ジャケットがかさばるとお思いなら、色が濃いめの襟付きのシャツがあると
着方によっては正式な場所にいても引けを取らず素敵で便利ですよ。

【傘と履物】
あとは傘と履物。クアラルンプールでは毎日短い時間だけどスコールがありました。
傘があると心に余裕ができます。
重量の軽い傘ならそれほど邪魔にならないし、暑すぎる時は日傘としても利用できます。

今回も夕方になるとスコールにあい、せっかくの計画も予定変更を余儀なくされました。
バリアフリーという考え方はないの??と言いたくなるくらい道路の起伏があります。
舗装ががたがたのところだと水たまりができますから、靴をビチャビチャにしながら歩くのは悲しい。
サンダル系のものが良さそうです。
持参しなくても現地で破格の価格で購入できますから、
計画的になりすぎなくても大丈夫ですけどね。

私の場合、今回は道のでこぼこを想定して黒のウオーキングシュ-ズにしました。
疲れないし、水たまりもそこそこ大丈夫、大正解でした。

【ガイドブックと地図、筆記用具】
旅の資料はA5サイズくらい、薄いのが持ち運びに便利で楽。
地図が必要なら、滞在先のホテルが、大抵 近辺の地図を用意していますから、
それを頂くとよいと思います。
ボールペン、インデックス、マーカーなども便利。
気づいた事や、気になる点をマーカーで記せば、分かりやすくて行動がシャープになります。


今回は、前半、後半合同デイナー会場ではマレー式の結婚式に出会えたり、
地域の人が行くフードコートで食事したり、
英国式が残るマレーシアのホテルでは、ハイテイを楽しんだり。

マレーシア ハイテイマンダリンホテルのハイテイを楽しみました


旅先でこそ出会える自分の感覚はほんとに大切な経験と発見だと思っています。
あれもこれも欲張って旅はマイペースに楽しむのがいいですね。
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。